歌唱療法士は、患者さんから睡眠の状態、食欲などの生理的なこと、

仕事、趣味などの生活面のこと、楽しい事や困難な事など感情面のことなど

多岐に渡って聞き取りをおこないます。

そしてそこから患者さんに必要な母音・子音を導き出します。

様々に組み合わせられた母音・子音をメロディーにのせて患者さんに歌って頂き、

その音に内在されている響きや形成力を作用させて、精神、心、身体の調和をもたらします。

 

療法の作用として、生理的には呼吸を整える、身体の安らぎ、リフレッシュなどがあり、

精神的には視野の転換、自己に対する新たな発見や現実を感じること、

自らの可能性を拡げる作用があります。

 

歌唱療法士は、アンカヴァーリング・ザ・ヴォイス(覆いが取り払われた声)の4年間の基礎課程を終えた後、歌唱療法士学校に進み、4年間のトレーニングと学校、施設、病院等での実習を経て、ゲーテアヌム精神自由大学、医学部門が認可するディプロムを取得しています。


国内には歌唱療法士による団体はまだありません。

個人で活動しておられる平井久仁子さんのホームページは、以下のボタンをクリックしてご覧ください。